お行儀の悪いGoogle Earthのインストール

|
Google Earthをインストールしたら、インストール先を選べず、
無条件に c:\Program Files (x86)\Google\ 以下に
インストールされてしまった。

むむむ、cドライブはSSDで容量を節約したいから、
使用頻度が低いものはHDDに入れておきたいのに。。。


こういう時に活躍するのが「mklink」コマンド。

以下、windows7 64bit C:SSD D:HDD の条件で備忘録代わりにメモ。

---------------------
(1)c:\Program Files (x86)\Google\ のフォルダをコピーして
   d:\Program Files (x86)\ の中に Google フォルダを貼り付ける

(2)c:\Program Files (x86)\Google\ をリネームする
   (c:\Program Files (x86)\Google_old\ など)

(3)コマンドプロンプトから魔法の呪文を唱える
    mklink /d "c:\Program Files (x86)\Google\" "d:\Program Files (x86)\Google\"

(4)c:\Program Files (x86)\Google\ にショートカットのようなアイコンが付いたら出来上がり。

(5)不要になった c:\Program Files (x86)\Google_old\ を削除
---------------------

おなじくお行儀の悪いQuickTimeについても、同じ様にHDDに移動。

SSDやRAAMDISKを使う場合「mklink」が大活躍。
ほかにbatファイルやタスクスケジューラも活躍しますね。

進化したのか昔に戻ったのか、コマンドプロンプトを使う機会が増えました。

このブログ記事について

このページは、が2010年4月 7日 20:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「windows7を64bit版に入れ替え」です。

次のブログ記事は「ウイルスバスター2010とRamdisk」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 6.0