使いにくい PLAYSTATION Store のウォレット

|
 PS Storeのゲームアーカイブスで懐かしのゲームが600円でダウンロードできる、ということなので試してみました。メモステから読み込むのでストレスも少ないかな、という期待もあって購入してみようと思ったのですが、わかりにくくて不親切な仕組みでした。
 PSPでもPS3でも同じアカウントなので両方にダウンロードすることも可能だし、PS3にダウンロードしたものをPSPにコピーもできるというのは非常に便利でユーザー想いな仕様だと思いましたが、買い物をするときに使用する『ウォレット』というプリペイドシステムが曲者でした。
 クレジットカードやEdyなどでチャージして、そこから600円なら600円を引くシステムなんですが、チャージできる額が1000円単位なんです!お釣りも返金も無い仕組みです!600円のゲームアーカイブスをひとつ試してみたいと思っても、結局は1000円必要になるということです。ちなみに、以前は525円だったそうで今よりも端数がどうしようも無かったそうです。ヘビーユーザーはいいかもしれませんけど、ちょっと試してみるレベルでは割に合いません。

pss.png  そうやって半端があるからもったいないと思って使い続けてくれることを期待した仕組みでしょうが、あまりにもケチでセコイ考えです。なのでケチな方法で対応してみました。
 ネットで調べていて見つかったケチ作戦は、残高ゼロの状態で600円のものを2個買って、クレジットカードでチャージすれば、1200円のチャージとなって余らないという方法です。詳しくは、残高不足が1000円以上になれば、1050円でも1200円でも半端な金額をチャージできる仕組みになっていることを活用する方法です。端数をいつまでもオンラインに残しておく必要がないのでモヤモヤ感が残らないスッキリ決済方法です。結局2個は買わなければいけないという敗北感があるものの、普通にチャージしてたら2000円入れて800円分を放置することになっていたのです。せめて100円単位でチャージできるとか、Suicaに移せるとか、サービス向上を期待します。

このブログ記事について

このページは、が2008年11月16日 12:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「トヨタvsマスコミの喧嘩のゆくえ」です。

次のブログ記事は「迷惑なウイルスバスター2009のポップアップ広告」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 6.0