やるなあ、ごうぎん

|
gogin.jpg
-----
山陰合同銀行(松江市)は8月から、スーパーなどに設置した無人のATMコーナーなどに携帯電話の電波を感知する装置を設置。通話すると警告灯が点滅し、「ATMで還付金を取り扱うことはありません」と警告が流れるようにした。
(2008/8/18, asahi.com)
-----

 さすが高齢先進県だけあって振り込め詐欺対策の取り組みに力が入っています。世間では携帯電波の電波を無効化するような妨害電波発生器を導入するという方向らしいですが、ごうぎん<http://www.gogin.co.jp/>のやり方は実にスマート。通話中の電波を探知してアラートを出すというのは押しつけがましくないのが好印象です。
 昔、携帯電話のアクセサリーとして光るアンテナが大流行していました。今思えば電波効率が悪化する&違法改造でなんのメリットも無いアクセサリーですが、楽しかったからいいんです。アンテナが光らないと言う理由だけでcdmaOneは学生受けが悪かったものです。ごうぎんの電波を感知する装置とやらも光るアンテナの延長なのかと思うと懐かしく感じました。

このブログ記事について

このページは、が2008年8月18日 18:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「集まると意味を持つ」です。

次のブログ記事は「加速しないダイハツ・ムーブ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 6.0